おじいさんになるまで

昨日は、倶利伽羅合戦石川チームの第2回ミーティングがありました。その後、金沢市民芸術村へ・・・。ジュスカグランペールの金沢公演「音曲博物館」に会社の仲間や友達6名で乗り込みました!店長なみは、なにげに芸術村の村民でもあるので、村にジュスカを迎えるのはとても嬉しい。七尾からも、御祓川沿いのまちづくり仲間であるリアルヘアカッティングYOUのメンバーが、スタッフ研修と称して来ていました(笑) 実は、このジュスカのお二人は、2年前にいしり亭ライブをやっているんですね~!七尾音泉感動協会の活動を始めて間もない頃です。それがきっかけで、すでに七尾に3回くらい来てくれています。 ↑前回、七尾でライブをしたときのジュスカ&店長なみ その後、メジャーデビューが決まって、どんどん活動の場を広げていますが、ギターとバイオリンのデュオという軽快な音色は、聴くだけで心和みます。想像力の広がるサウンドというか、音でフランスや京都やスペインや、いろんなところへ行けちゃう。ときには、宇宙まで・・・! 金沢の人たちには、フォーラスのテーマソング「smile smile」でおなじみですね。今まで、お店やライブハウスでのライブばかり聴いてきて、今回はじめてホールコンサートという形で聴きましたが・・・やっぱり、いいものはいいですねぇ・・・。 このジュスカグランペールというユニット名はフランス語で「おじいさんになるまで」という意味。そんな名前で活動している二人の音楽は、ぜったいに世界に通用すると深い確信を持っているのです。言葉ではなく、気持ちや風景やメッセージがちゃんと伝わるから。ずっと、良い音楽を発信しつづけてくれるんだっていう、安心感があっていい。おじいさんになるまでだから、気張らずに、ゆっくりやっていこうって。 ライブの後は、さらにメンバーが増えてインドネシア料理「レギャン」へ。すごーく長い時間をかけて食べ終えたのは12時半近く。3時間半もかけて食事をするって・・・!なかなか料理が出てこなくて、最初はイライラしたけど、もしかしたら、そのくらい時間をかけて食事をするのがバリ時間なのかも。普段は食事に時間をかけなさすぎ?と気づいた。実際、その間、どーでも良いような他愛のない話で盛り上がったりして。良い音楽を聴いて、おいしい料理を食べて、仲間とゆっくり。これって、ものすごく幸せなことなんだろーねー。 いしり亭でも、バリほどではないかもしれないけど、ゆっくり流れる時間を楽しめるように、ゆっくり食事を楽しんでもらいたいなぁ。と、思ったのでした。ちなみに、ナシ・ゴレン(バリ風チャーハン)にいしりを入れたら、すごくおいしくなると思った。今度、やってみよう。(ってか、ナシ・ゴレンの作り方を誰か教えて~) BGM ジュスカグランペール「mineral life」 その名のとおり、心にしみわたるミネラルたっぷりの1枚です にほんブログ村 美術ブログ 工芸・陶芸へにほんブログ村 グルメブログ 和食・日本料理(グルメ)へ