春は企画の季節・・・

今日は、暑いくらいの陽気でした。 いま能登ではたくさんのまちづくり企画が動いています。 その中でも、地方の元気再生事業に向けた準備が大変! なにしろ、裏負担なしの10/10事業で、全国で25億円規模の予算。 内容はソフトなら何でもOK! 全国から、まちづくりにがんばっている人たちが群がるんだろうね~ 七尾だけでも、この事業に手を挙げようとしている話をいくつも聞きました。 同じまちで、よく似た企画を出して潰しあってもいかん・・・ということで、 ここ数日は、その調整に忙しいのです。 商工会議所、市役所、地元のNPO、観光協会、奥能登の関係者などなど・・・ さらに、震災関連の補助金メニューも、あと1,2年は充実していますが その申請時期がだいたい4月末から5月に集中しているのです。 そう。4月は、企画書をいっぱい書く季節。 頭の中が、だんだんウニ化してきますが、楽しいことを考えているのは健康に良い。 締切さえなければ・・・。 そして、こういった「いわゆる」まちづくりも大切なんだろうけど 地に足をつけた「能登の生活」は、もっと大切なんだろうな、という ちょっぴり冷めたような、おっとりしたような、そんな感覚もあります。 何としてでも、とらなきゃダメな補助事業なんてないし、 補助事業がなくてもやることはやるし・・・。みたいな? いしりの販路拡大に関するやつは、今年も応募してみよーっと。 たくさんの人に、姫鱚いしりの美味しさと能登の風土が伝わればいいな。