NPO法人まちづくり楽会

6月3日に、NPO法人まちづくり楽会の皆さんが、まちづくり視察にいらっしゃいました。 視察レポートが届きましたので、アップさせてもらいます! お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 ++++ここから引用+++++ 6月2~3日(水)、能登半島の付け根にあり、北前船の港町であり古来からの良港、 石川県七尾市を訪ね、そこの㈱御祓川で研修し、能登半島を巡ってきました。
その感想はぼちぼちとして、まず第一印象は、30代の若い女性が㈱御祓川の社長で あるということに、これまでの先進NPOにはない違いを感じました。
やっていることは、まちづくり会社(TMO)も併行しながら ①御祓川の水質浄化活動(浄化実験、研究会、フォーラムの開催など)、お邪魔した日 の透視度計は35㎝。 ②御祓川を軸としたまちづくり、我々が昼食を食べた「いしり亭」やグラス・工芸品 ・和洋装品なども販売する「ギャラリー葦」(寄合処御祓館)を軸に界隈の賑わい創出 ③コミュニティの再生事業  川への祈りコンサート、かわそうじ&かわあそび(毎月第 2日曜日)、御祓川まつり・みそぎ縁日 など。その他、北前船の伝統を誇る古い歴史のある通りのお店が主体で、そのお店の 方がお話しする「七尾の語り部処めぐり」は大変面白かったです。 それとともに、この地の北前船のものすごい重層的な文化の集積に圧倒されました。 これまで七尾市は、加賀屋などの著名旅館で有名な温泉街「和倉温泉」のあるところ で知られていますが、市街地は通過の地であったそうです。 3日、能登半島を訪ね、和倉温泉に行った方にお会いしましたが、「七尾市内にそん な面白い処があるとは知らなかった、今日も和倉に泊まるが明日、七尾市街地に行っ てみるか」と言うご夫婦がいました。それにしても中高年夫婦の多いこと。これから のビジネスのターゲットは、中高年のコミュニティビジネスではなく、中高年夫婦で ある。 話を戻すと、動きとして①七尾市という面的展開が出来ていること、また、②御祓川 の水質はそれほどきれいでないが、しかしこれらの動きを通じて、市民の川に対する 思いが違って来て、きれいにしようと言う思いが醸成されてきたこと(県南県東、東 京の方分かりますよね!!)、これが大きいと森山社長のお母様からお聞きしました。 北前船の文化の集積はすごい、ぜひ酒田市などと北前船連携ネットワークを図れば面 白いのにと感じた次第です。 なお、5月上旬に帆船「にっぽん丸」が4日間停泊したとのこと、フネオタクとしては 涙が出るほど行きたかった======。 +++++ここまで引用++++
ちなみに、酒田市には、今年の七尾マリンシティ推進協議会の視察で行く予定です。
このレポートを読んで、やっぱり七尾は北前船の恩恵を受けているんだなぁ・・・と改めて実感。
いしりの文化も、こうやって海づたいに残っているのだと思います。
まちづくり楽会の皆さん、ありがとうございました。
また、能登にお越しくださいね。