姫鱚いしり meets 高級フレンチ

マキシム・ド・パリ赤坂店、銀座店で9月15日~10月31日の間、日本の食材再発見の旅~第二回越後・会津・加賀の武家の郷・天地人の邦~と題してフェアが行われています。このフェアの銀座店ディナーコースに姫鱚いしりが【佐渡南蛮海老のコンソメスープ 姫鱚いしりの香り】に使われています。 これまで、和食のみならず洋食にも合ういしりとして、姫鱚いしりをご紹介してきましたが、実はイタリアン料理に使われることが多かったのです。今回は、初のフランス料理。しかも、老舗の高級店「マキシム・ド・パリ」ということで、スタッフ一同、喜んでいます。しかも、メニューの中に、ちゃんと姫鱚いしりの文字が・・・! 能登独特の調味料である「いしり」が、一流シェフの腕によって、どのように化けるのか、とっても興味があります。 いしり亭では、さっそく取材に行って「姫鱚いしりを使ったおいしいお店」シリーズで紹介させていただきますね。 姫鱚いしりの他にも、能登の食材がたくさん使われています。 お近くの方はぜひ、マキシム・ド・パリで大和フレンチを体感してくださいね。