お買い物ガイド / お支払い方法・送料 / 会社概要 / プライバシーポリシー / お問い合わせ


もみいか(丸干しイカ)

■もみいかとは

江戸時代末期に、富来のとある漁師が函館へ出稼ぎに行った際に、「両親においしいものを持って帰りたい」と思い、いかを塩漬けにして俵に詰め込んで持ち帰ってみたものの、これが塩辛くて食べることができず、手でもんで塩抜きし天日で干したのがルーツとされています。
当店のもみいかは、そのルーツとされる富来にある西海水産でつくられたものです。加工場は能登半島国定公園の中にあり、周辺には約3千種の植物が群生しています。そのため、設立時から洗剤なども海を汚さないものを使用し、当然合成添加物や化学物質を一切使わずに作った安心・安全な食品です。環境にやさしく作られた能登の珍味「もみいか」をぜひ、ご賞味ください。

■内蔵をまるごと丸干ししてあります

いわゆるスルメイカと違い、内臓まるごと丸干ししてありますので肝の旨みを味わうことができます。コクと肝独特のおいしさで、箸が止まらなくなりますよ。

原材料するめいか、塩、砂糖、いしり
内容量2枚入
保存方法冷凍保存
賞味期限1ヶ月

■おいしい召し上がり方

・さっと水に通して軽く焼いてください。
・焼き過ぎると身が硬くなり、小さくなりますのでにご注意ください。
・魚焼グリルの中火で、目安として3~5分ですが焦げ目がつくと焼きすぎですので、様子を見ながら焼いてください。
・画像のように輪切りにしてもいいですが、通の間では手でちぎって食べるほうがおいしいといわれています。
・日本酒とともに、ご飯のお供に、お茶漬けに。味が濃いめなので薄く切ったダイコンなど野菜と一緒に食べてもおいしいですよ。
また、レモンを絞って食べるとさっぱりとしておいしくいただけます。

もみいか(丸干しイカ) 



まとめ買いはこちら!もみいか(丸干しイカ) 箱入り約1kg(おおよそ20枚入)