お買い物ガイド / お支払い方法・送料 / 会社概要 / プライバシーポリシー / お問い合わせ


もみいか糀漬け


■もみいかのルーツ

江戸時代末期、富来のとある漁師が函館へ出稼ぎに行った際、「能登のおとうとおかあへおいしいものを持って帰りたい」と思い、いかを塩漬けにして、俵に詰めこんで船にて持ち帰ってみたものの、塩辛くて食べる事ができず、手でもんで塩を抜きし、天日で干したのがルーツとされています。

■もみいか糀漬けができるまで

能登で獲れた、新鮮なするめいかを塩、砂糖で味付けして内臓ごと丸干ししています。
この内臓などに、乳酸菌を多く含んでいますので、健康食品といえます。
干す前に魚醤「いしり」をよくもみ込み、味をよくするだけでなく、腐りにくく、冷めても固くならないために手を掛けます。
さらに、いしり亭では、このもみいかを糀に漬けてふっくらと柔らかく、まろやかな味に仕上げました。

■おいしい召し上がり方

ガスコンロの上にアルミホイルか網を敷いて弱火で焼くか、電子レンジで2~3分加熱して下さい。
焼きすぎますと、身が縮み硬くなり素材の旨みがなくなってしまいますのでご注意下さい。

原材料 スルメイカ、塩、砂糖、魚醤(いしり)、米糀
内容量 2枚入り(160グラム程度)
賞味期間 1ヶ月間
保存方法 冷凍保存
もみいか糀漬けは真空パック、クール便でお届けします。

もみいか糀漬け