お買い物ガイド / お支払い方法・送料 / 会社概要 / プライバシーポリシー / お問い合わせ


a.k.a.[atelier kitchen for artisan] アトリエキッチン アーカ

アトリエキッチン アーカ
a.k.a.[atelier kitchen for artisan]
アトリエキッチン アーカ

〒920-0981
石川県金沢市片町2-10-42
         RENNビル1F
TEL:076-231-3233

■営業時間
17:30~23:00(ラストオーダー)

■休業日:毎月最終月曜日
(祝祭日は不定休ですので、お問合せ下さい。)

席数:カウンター16席/テーブル12席
 a.k.a.[HP]

(取材日:2008年9月)
※閉店しました。
主計町「嗜季」がオープンしました。

金沢の香林坊から少し入ったところに今回お邪魔しましたa.k.a.があります。
せわしなく時間が過ぎている街の中で、落ち着いた雰囲気で金沢流くずし懐石料理がいただけるお店です。
こちらで「姫鱚いしり」を使った料理をいただくことができます。

a.k.a.[atelier kitchen for artisan]

 料理職人の為のアトリエ型キッチンという意味をこめて2004年7月にオープンしたというa.k.a.さん。なるほどなぁと思いました。オープンキッチンになっていて調理風景が見える。その感じが職人が作品を作るアトリエという雰囲気なんだなぁと。目の前でアリタさんが手際よく、そして繊細に盛り付けられていくお料理はまさに芸術品です。

aka2.jpg

オープンキッチンなので調理、盛り付け風景が見れます

姫鱚いしりとの出会い

 もともとa.k.a.さんでは、いしる(いしり)をメニューにとりいれていたそうなのですがスタッフのゴリさんが当店「いしり亭」でお食事をされて、その時に「姫鱚いしり」を購入、スタッフの皆さんに紹介してもらったのがきっかけで当店の「姫鱚いしり」に切り替えられたそうです。実は、今回お邪魔して初めて知りました。ありがとうございます、ゴリさん!

aka3.jpg

厨房に置かれた業務用「姫鱚いしり」

お料理をいろいろいただきました

 まず、お通しがでてきました。美しく盛られていて器もまたステキです。季節の無花果や人参菜の白和えなど見た目にも美味しくいただきました。いろいろおいしそうなメニューが並んでいましたが、やはり「姫鱚いしり」を使った料理をいただきました。

aka6.jpg

すてきな器に盛られたお通し。旬の素材が使われています。

aka7.jpg

はたはたのいしり焼き

ちらは季節限定のメニュー。私自身はたはたというと干物や煮付けのイメージでしたが生のはたはたを「姫鱚いしり」とお酒、みりんなどにつけて焼いているそうです。これはお酒がおいしくなりそうなお料理です。しかし、今回は車での取材の為お酒は飲めません。すごく残念でした。きっとお酒といっしょだとますます美味しいだろうなぁ。
aka8.jpg aka9.jpg

地鶏のいしり焼き

こちらのお料理は地鶏を塩胡椒、いしり、バターで焼き上げたお料理です。鶏肉が好きな私にとってたまらないお料理。いろどりよく人参などの野菜も盛られています。お肉表面がパリパリ、中のほうはというと、しっかりとした歯ごたえでうまみがどんどん出てきました。「姫鱚いしり」とお肉ってあうんだなぁと改めて認識しました。
aka10.jpg aka11.jpg

もみいか いしり風

当店「いしり亭」にも、もみいか糀漬けという商品がありますがその商品と同じようにもみいかをいしりと糀漬けにし、焼き上げたお料理です。当店のものよりもすこし甘めの味付けでした。これもまた、お酒のお供に・・・。う~ん切ない。
aka12.jpg

いしり焼おにぎり

いしりをつけて焼く焼おにぎりは醤油とは一味違ううまさがあります。小ぶりで上品な大きさでアツアツをいただきました。そして、ごめんなさい!うまそうな焦げ目につられて写真取り忘れました。本当にごめんなさい。もみいかと一緒に焼かれているおにぎりでご勘弁下さい。

いしりについて教えていただきました

 イカのいしりなどと違ってクセがなく普段からいろいろ使っているそうです。舐め比べたこともあるそうですが、他のいしる(いしり)はきつめだけど「姫鱚いしり」はそのままでもいけますよとのことでした。それからバターとの相性がいいということやナスとも合いますとのこと。イカのげそなど使っていしりパスタもいけますよと教えていただきました。


aka13.jpg

お店のご案内

 店内にはカウンター席だけでなく、テーブル席もあります。金沢の街の明かりを眺めながらゆっくりとお食事が楽しめます。また、ギャラリースペースもありますので作家さんの作品や雑貨などを購入することもできます。(常設作家 岡田直人 中田雅巳、井上三希子)


aka13.jpg

◆香林坊より徒歩3分/シネマストリート裏
◆周辺に駐車場(有料)が多数有り
大きな地図で見る

ギャラリースペースとともに

 店内を入ると、左右にギャラリースペースがあり、目の前がレジになっているんですがそこに姫鱚いしりが置かれていました。ありがとうございます。a.k.a.でも姫鱚いしりをお買い求めいただけます。

姫鱚いしり小(200ml)を買う↓

数量 
aka4.jpg

店内入り口から店内側に目をやるとこのようなギャラリースポットに照らされたカウンター席、オープンキッチンが見えます。

aka5.jpg
aka18.jpg  男前3人の職人技を見ながらのお食事を楽しませていただきました。男前料理職人が気になった方、和食が好きな方一度足を運んでみてはいかがでしょうか。今回は単品料理を注文しましたが、毎月、旬の食材をテーマに普段とは違った形で楽しめるコース料理などもございます。また、「嗜季の集い」という季節の素材を生かしたコースメニューを楽しめるフードイベントを月に一度開催しているそうです。興味を持たれた方は、お問い合わせしてみては。祥子さん、スタッフの方々、営業中のお忙しいところ取材させていただきましてありがとうございました。

お店シリーズトップへ